So-net無料ブログ作成

記事中心のデリヘル求人広告を 閲覧したアルバイト嬢が100人 [風俗求人情報]

記事中心のデリヘル求人広告を閲覧したアルバイト嬢が100人で、閲覧後に別広告をクリックした人が10人だったら、10パーセントがアクション喚起率として算出することができます。これが、1人しかクリックしなかったら1パーセントになるので、10パーセントのほうがよりデリヘル求人広告を見るアルバイト嬢のアクションを喚起できた媒体になる、という考え方です。
クライアント名は申し上げられないのですが、実際にこのレポートで評価いただいて、潜在層向け施策のPDCAを回されているデリヘル風俗店さまがいらっしゃいます。彼らは、新規率とアクション喚起率という2つの指標を見ていくと、どの潜在層施策が期待に沿った役割を果たせているのかがわかってきます。潜在層施策に沿った指標があれば、アロケーション、予算を寄せていこうということが意思決定できるようになります。
今までの潜在層向け施策は、何を基準にデリヘル求人媒体を評価していいかわからないことが多く、なににお金を使っていいかわからないケースがありました。指標が明確になれば、予算を多めに出してみるというアクションをとれるようになり、データ分析の成果を出すことが可能になります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。